映画と文学のテーマパーク「二十四の瞳映画村」に行ってきた【アクセス・料金など】

二十四の瞳映画村教室

こんにちは、しゅん(@lbshun_camera)です。

先日、小豆島にて一人旅をしてきました。

旅全体については、以下の記事で詳しく紹介しました。

おりいぶ丸
「小豆島」日帰りモデルコースを考えてみた【アクセス・移動方法・おすすめスポット】

今回はその中でも、小豆島の有名スポット「二十四の瞳映画村」について書いていきます。

「二十四の瞳映画村」とは

二十四の瞳映画村看板

戦時中の小豆島を舞台にした映画「二十四の瞳」の撮影セット跡地に作られたテーマパークです。実際に使われていた撮影のロケ地、昭和初期にタイムスリップができる施設、魅力しか感じません。

さらにこちらの施設、年中無休というのもすごい。

小説『二十四の瞳』についても少しだけご紹介します。

『二十四の瞳』

1952年(昭和27年)に日本の壺井栄が発表した小説。

第二次世界大戦の終結から7年後に発表された小説で、作者の壺井栄は、自身が戦時中を生きた者として、この戦争が一般庶民にもたらした数多くの苦難と悲劇を描いた。

発表の2年後、1954年(昭和29年)に映画化された(二十四の瞳 (映画))。これまで、映画化2回、テレビドラマ化6回、テレビアニメ化1回、計9回映像化された。(Wikipediaより引用)

計9回の映像化はすごい・・・。

原作を読んでから、もう一度訪れてみたくなりました。

アクセス

小豆島の南部に位置しています。島の先端にあるので仕方ないですが、アクセスは正直あまりよくありません・・・。

では、交通手段別に見ていきます。

[1]池田港から約30分

[2]福田港から約35分

[3]土庄港から約40分

駐車場は無料です。150台駐車可能なので、いっぱいになることはなさそうです。

バス

[1]土庄港ターミナルから
【所要時間】 約60分

[2]大部港から
大部港→福田港
【所要時間】 約19分

[3]福田港から
安田経由・南廻り福田線(乗り継ぎ)
【所要時間】 約55分

[4]坂手港から
【所要時間】 約16分

[5]池田港から
【所要時間】 約45分

[6]草壁港から
【所要時間】 約28分

二十四の瞳映画村 公式ホームページより引用)

渡し舟

「オリーブ・ナビ」と「映画村桟橋」間を運航しています。(所要時間:約10分)

【運航期間】平成30年3月17日~11月30日
(春休み・GW・夏休み・9月は毎日運航。それ以外は水、木曜休航)

【運航時間】9:00~16:30

【料金(片道)】大人500円 子供250円
(※自転車は別途250円かかります)

渡し舟到着

渡し舟の利用方法など、詳しくは以下の記事でも紹介しています。

おりいぶ丸
「小豆島」日帰りモデルコースを考えてみた【アクセス・移動方法・おすすめスポット】

料金

【二十四の瞳映画村】
大人(中学生以上)750円、小学生350円

【岬の分教場】
大人(中学生以上)220円、小学生110円

【二十四の瞳映画村・岬の分教場セット券】
大人(中学生以上)830円、小学生390円

「岬の分教場」とは、明治35年から昭和46年まで苗羽小学校田浦分校として使用されていた校舎のことです。オルガンや子供たちの作品などを当時のまま保管しており、現在では観光地として公開されています。

二十四の瞳映画村から徒歩10分ほどの場所にありますが、今回は時間の都合上、二十四の瞳映画村のみにしました。

季節限定「ボンネットバス」とは

かわいいバス停

「岬の分教所」と「二十四の瞳映画村」を往復しています。

ただし、季節限定になりますので、以下の運行時期をご確認ください。

【運行時期】
2018年4月28日(土)〜5月5日(土)
2018年7月28日(土)〜8月27日(月)
2018年9月15日(土)〜9月17日(月・祝)

【運行時間】10:30~15:30

昼食を取る場所はある?

二十四の瞳映画村内に、「Cafeシネマ倶楽部」麺処つゆ処「蔵」があります。

Cafeシネマ倶楽部では、昔懐かしいアツアツの揚げパン、しゃばしゃばのカレースープ、冷凍みかん、二十四の瞳オリジナル牛乳がついた「給食セット(890円)」が大人気です。食器もアルマイトを使っており、インスタ映え間違いなしです。

学校前広場

また、映画村へはお弁当の持ち込みもOKですので、海が見える広場などで食べるのも気持ちいいと思います。

撮影した作例写真

二十四の瞳映画村入口

入口。ここでチケットを買います。

二十四の瞳映画村町並み

季節ごとに様々な花を咲かせます。

二十四の瞳映画村町並み2

梅の花と町

二十四の瞳映画村細い路地

昔の町並みが再現されています。

映画村の鳥居

二十四の瞳天満宮。ちょっとこれだけ浮いてた。

二十四の瞳映画村の銅像

「せんせあぞぼ」
原作者である壺井栄の生誕100年を記念して建てられた銅像。

レトロなポスト

古びた看板

二十四の瞳映画村ポスター

私は今、完全に昭和時代を生きています。

着物を干す2

差し込む光

オリーブサイダー

すべてが絵になる。

学校全体図

岬の分教室。映画村内にあるのはリメイク版です。

学校の靴箱

靴を脱いで靴箱に入れます。この時点でテンション上がる。

二十四の瞳映画村学校

二十四の瞳映画村教室

黒板の相合傘

昔ながらの机と椅子

木造の学校ってほんと良い。最近はこんな小学校もほとんどなくなっちゃったんだろうな。

今回のまとめ

着物を干す

二十四の瞳映画村ホームページには所要時間60分となっていましたが、ゆっくり写真を撮ったり、各施設をじっくり見ているととても60分では納まらないのでは?と思いました。

かと言って敷地自体はそこまで広くはないため、ちょうど良い規模感でした。

大人にとっては懐かしく、子供にとっては逆に新鮮なテーマパークだと思います。実際に、親子三代で遊びに来られている方もたくさんいました。

今度は誰かと一緒に行ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です