【桜2018】兵庫県の穴場スポット「曇川土手」に行ってきた【加古郡稲美町】

曇川の桜8

こんにちは、しゅん(@shunsanpo)です。

現在、全国各地で桜が見ごろを迎えています。例年よりも1週間ほど早い開花となっており、この週末急遽お花見をされた方も多かったかと思います。

3月31日~4月1日の二日間、私もひたすら桜を見に行ってきました。少し今更感はありますが、来年の参考になればと書き留めておきます。

曇川土手とは

今年一発目の桜として選んだ場所、それが「曇川土手」です。

たぶんほとんどの人が「どこ?」と思われるかと思います。

実際行ってみましたが、散歩をしている地元の人しかいませんでした。また、朝早かったこともあるのかお花見をしている人もいませんでした。

これは完全に穴場

予想以上に素晴らしい桜並木でしたのでご紹介したいと思います。

アクセス【兵庫県加古郡稲美町】

「曇川」は兵庫県加古郡稲美町に位置しています。(曇川では地図が出なかったので、そのすぐ横にある昆沙門天神社にピンを立てています)

稲美町という場所ですが、日本一のため池地帯として有名です。とにかくあちらこちらに池と田んぼがあります。いわゆる、ド田舎です。

最寄り駅のJR東加古川駅から徒歩で50分、車で15分。曇川付近には駐車場もありません。

紹介しておいてあれですが、アクセスは終わってます。

撮影してきた写真(2018年3月31日)

曇川の桜3

曇川の桜5

曇川の桜2

曇川の桜4

曇川の桜とバイク

曇川の桜6

曇川の桜7

曇川の桜8

曇川の桜9

曇川の桜10

今回のまとめ

桜と菜の花

曇川についての情報が少なく、桜並木がどのぐらい続いているのかもわかりませんでした。端から端まで歩いた体感ですが、2Kmぐらいありそうな気がします。(あくまでも体感です)

遊歩道沿いに桜が咲いているのでお花見をする感じの場所ではありませんが、のんびり散歩やジョギングするには最高なスポットだと思います。

桜の名所は人が多くてちょっと・・・という方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

撮影に使用した機材

ボディはSONY α7RⅡです。

レンズは『EF50mm F1.4 USM』を使用しました。このレンズの詳細については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

EF50mm F1.4 USM 【Canon単焦点比較レビュー】『EF50mm F1.8 STM』よりも『EF50mm F1.4 USM』をおすすめする理由【作例多数】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です