FUJIFILM X100Fを手に入れた。ファーストインプレッションと、他のカメラとの使い分けについて考えてみた

X100F買ったアイキャッチ

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

今年の5月上旬、こんな記事を書きました。

葉っぱ FUJIFILM X100Fが欲しい。SONY α7ユーザーがカメラ複数台持ちについて真剣に考えてみた【雑記】

タイトルの通り、『X100F』が欲しい気持ちが抑えられなくなり書いた記事です。

あれから約3ヶ月・・・。

ついに『X100F』を購入しました!

購入と言っても店舗で買ったのではなく、いつも仲良くしていただいているブロガーのクロギタロウさん(@taroimo0629 )が手放されるとのことで譲っていただきました。

今回の記事では、これから『X100F』をどう活用していくのかなどについて書いていきたいと思います。最後に少しだけ作例も貼っています。

『X100F』が必要だった理由

デジタルカメラは、SONY α7RⅡを現在も愛用しています。特に不満もなく、むしろ大満足しているお気に入りのカメラです。

では、どうしてX100Fが必要だったのか。

語弊を恐れず正直に言うと、X100Fはどうしても必要だったわけではありません。α7RⅡで撮りたいものは大体撮れますし、画質は言うまでもなく最高です。レンズも純正だけでなく、Canon、シグマ、タムロン、さらにオールドレンズまで使用可能と、これと言って非の打ち所がない素晴らしいカメラなのです。

では改めて、どうしてX100Fを購入したのか。

それは、魅力がいっぱいだったから。理由がアバウトすぎますが、結構真面目に考え抜いた答えがこれでした。

具体的にどこに魅力を感じたのか挙げてみると、

  • 換算35mm単焦点レンズ搭載
  • デジタルテレコンで50mmと70mmが使用可能
  • フィルムシュミレーションが使える
  • 「撮って出しです」が言いたい
  • デザインがかっこいい
  • 気軽に持ち出せるカメラが欲しかった
  • 好きなブロガーさんたちがX100Fでめちゃくちゃ良い写真を撮られてる

もう書き出しているだけで最高です。早く使いたい。

『X100F』と他のカメラの使い分け

カメラ三台持ち

現在所有しているカメラは、SONY α7RⅡ、Nikon NewFM2、OLYMPUS TRIP35などがあります。

X100Fが仲間入りしたので、合計4台のカメラを所有していることになります。言うまでもなく、同時に4台を持ち出すことはありません。なので、撮影の前にはどのカメラを持って行くか考えることになります。

まずは、現在所有しているカメラごとの用途を見ていきたいと思います。

SONY α7RⅡ(フルサイズミラーレスカメラ)

風景撮り、ポートレート撮影、スナップなど、何にでも使える万能機。絶対的安心感があるので、出来る限り常に持ち歩きたいカメラ。いわゆるメイン機です。

Nikon NewFM2(フィルム一眼レフカメラ)

ちょっと気合入れてフィルムで撮るぞ!と思ったとき用。サイズが大きいので、α7RⅡと同時に持ち出すのはやや厳しいです。なので、使用頻度は少なめ。

OLYMPUS TRIP35(コンパクトフィルムカメラ)

比較的コンパクトなので、出掛ける際にはとりあえず持って行っていたフィルムカメラ。最近ではそのポジションは写ルンですに奪われてしまったので、現在はモノクロフィルム専用機になりました。

現在所有している3台は、こんな感じで使い分けています

カメラ1台で出掛けることはほぼありませんので、この中から複数を組み合わせて撮影に行きます。しかし最近では【SONY α7RⅡ+写ルンです】が基本スタイルになってきました。それでも余裕があれば、フィルムカメラを持っていくような形です。

FUJIFILM X100F(コンデジ)

では、それぞれのカメラについて見たところで、いよいよX100Fの用途についてです。

現在考えているのはこのような感じです。

  • ふらっとスナップ用
  • 軽装備で行かないといけないとき用
  • カメラ関係以外の人と遊びに行くとき用

あれ?用途を上げると意外と少ない?

しかし、なんだかんだ常に持ち出しそうな気がしています。私のずっと憧れていたカメラだから。用途なんて考えるものじゃありません。

わたしと『X100F』~初日~

作例と呼べるようなものはまだ撮れていませんが、さっそく少しだけ撮影してみました。

写真はすべてJPEG撮って出しです。(言えた)

デザインの勉強

記念すべき一枚目。(撮影地:ガスト)

GRフォトウォーク

記念すべき二枚目。(GRフォトウォークに参加してしまってアウェイな図)

姫路の街

空の色がSONYとは違う(気がする)。

姫路駅前シルエット

デジタルテレコンも使ってみました。思ってた以上に使えそうで嬉しい。

ピオレ前の家族

こういう写真見るとFUJIFILMだなぁと思います。黒が良い(気がします)。

フェスタの階段

電車と駅員

地域のお祭り

確かに撮って出しで十分だ・・・。

今回のまとめ

X100Fをこれからどう使っていこうか真面目に考えてみましたが、そんなことあまり考える必要がない気がしてきました。

とにかく今、とてもワクワクしています。ワクワク感で言うと、今まで買ったどのカメラよりもしています。趣味で写真をやっている人にとってはこれってとても重要ですよね。

なにが撮りたい、こんな写真が撮りたいではなく、「使いたいカメラ」X100F。

もう少し使い込んでからレビューもしてみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です