ISO感度200の主流となるか?『ColorPlus200』は値段も色味も優しいフィルム【レビュー・作例】

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

今回は『Kodak ColorPlus200』のレビューをしていきたいと思います。

『Kodak ColorPlus200』とは

どんなフィルム?

Kodak(コダック)から発売されているISO感度200のネガフィルムです。

店頭やネットでもよく見かける商品ですが、実はコダックジャパンが公式に取り扱っている商品ではないそうです。海外で生産したものを代理店が独自に輸入して流通させているため、コダックだけどコダックジャパンではない、なんとも不思議な立ち位置のフィルムです。

そのためか、情報が少なく不明な点も多いです。

現像してみるとGOLD200と近しい仕上がりになるようですが、DXコードに刻まれているデータ自体はまったくの別物のようです。もしかしたら製造国が違うだけで中身は一緒なのでは?などと噂されていますが、公式な情報はないため真実はわかりません。

そのGOLD200が近々生産終了(の噂)となるため、これからコダックの感度200はColorPlus200が主流になるかと思います。

写りの特徴

表現として正しいかわかりませんが、ややくすんだ色味になる印象です。

クリアで鮮やかな写真を撮りたい人にはあまり向いていませんが、日常風景を残すには適しているフィルムだと思います。

ナチュラルで落ち着いた雰囲気、そして何より安いのが特徴なので、気軽にバシバシ撮りたい人にはおすすめしたいフィルムです。

『Kodak ColorPlus200』作例

ここからは、実際に『ColorPlus200』を使って撮影した作例を紹介していきます。

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPLUS200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

ColorPlus200 作例

今回のまとめ

派手さはありませんが、価格も安く、気軽に使えるフィルムです。

人の肌の色があまりキレイに出なかったことが少し気になりますが、街スナップなどではくすみがまたいい味になったかなと思います。

ISO感度100~200は種類の多い激戦区。

正直これまで出番は少なかったですが、GOLD200、業務用100が生産終了なったことでこれから使用機会はまちがいなく増えるでしょう。

今のうちからたくさん使って、もっとクセや特徴を掴まねば。

ネガフィルムまとめてみました

これまでに私が使ってきたネガフィルムをまとめてみました。各フィルム10枚程度の作例を掲載しています。

▷ おすすめのカラーネガフィルムまとめ!定番から変わり種まで一挙公開!【作例】