作例を使ってネガフィルムを比較してみた【選び方・おすすめ】(SUPERIA400・PORTRA400・PORTRA800)

SUPERIA作例

こんにちは、しゅん(@shunsanpo)です。

先日、富士フイルムよりモノクロフィルム『ACROS』の販売終了が発表されました。『NATURA1600』に引き続いて、ロングセラー商品がどんどんと姿を消しており、写真好きとしては非常に寂しい思いです。

instagramなどでフィルムカメラが再注目され再ブームが起きているかと思っていましたが、やはり厳しい立場には変わりないようです。

では、フィルムは選ぶほどの種類がないかと言われればまったくそんなことはありません。海外メーカーも合わせると、現在も数多くのフィルムが発売されています。

今回はいくつかピックアップして実際に使ってみましたので、作例と共にご紹介したいと思います。

注意
使用するカメラやレンズ、現像を出す店舗によって仕上がりは変わってきます。あくまでも私が使ってみた感想ですので、その点ご理解いただけますようお願いします。

富士フイルム『SUPERIA X-TRA400』

どんなフィルム?

まず紹介するのが、富士フイルムから発売されている『SUPERIA X-TRA400』です。

私が思う標準フィルムです。(そんな言葉あるのかわかりませんが)

屋外でも室内でも使いやすいISO400。ニュートラルで落ち着いた色味で、特徴があまりないのが特徴です。決して卑下しているわけではなく、スタンダードフィルムということです。

他のフィルムに比べて値段が安いため、これからフィルムカメラを始める人にはまずはこれをオススメしています。

しかし残念なことに、2018年3月出荷分を以って販売終了となります。まだ在庫はありそうなので、今のうちにまとめ買いしておきます。それにしてもド定番フィルムまでなくなってしまうなんて寂しい限りです・・・。

写真フィルム 一部製品の販売終了のご案内

ちなみに代替品としてメーカーが推奨しているのが、『SUPERIA PREMIUM 400』です。

作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

大阪中之島散策

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

SUPERIA作例

『SUPERIA X-TRA400』のより詳細なレビューはこちらから。

SUPERIA X-TRA400 アイキャッチ ネガフィルムに迷ったら『SUPERIA X-TRA400』がおすすめ!在庫のある今がラストチャンス【レビュー・作例】

Kodak『PROFESSIONAL PORTRA 400』

どんなフィルム?

Kodak社のロングセラー商品『PROFESSIONAL PORTA400(ポートラ400)』です。ちなみに、Kodak(コダック)社はアメリカの会社です。

PORTRAには、ISO160・ISO400・ISO800と感度が3種類展開されています。

ここで紹介しているのはISO400です。やはりフィルムはISO400が一番汎用性が高いかと思います。感度に迷ったら400を入れておきましょう。

このフィルムの特徴は、彩度とコントラストの高さです。実際の見た目よりもややこってりした色が出ますが、作品としては面白い絵が撮れる気がします。特に青色が個性的で、これがPORTRAらしさかなと思います。

ちなみに値段は少し高めです。

作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

PORTA400作例

Kodak『PROFESSIONAL PORTRA 800』

どんなフィルム?

上で紹介したPORTRA400の兄弟フィルム、『PROFESSIONAL PORTRA800(ポートラ800)』です。

ISO800なので少しノイズは見られますが、ほどよい粒子感でフィルムらしさも感じます。色味はPORTRA400よりもさらに彩度とコントラストが強めに出る印象です。

値段は少し高め。

作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

PORTA800作例

使用したカメラ

すべてNikonのNew FM2を使用しました。レンズは50mm F1.4です。

フィルムカメラはこれ一台しか持っていません。ぜひ他のカメラでも撮り比べをしてみたいです。いつでもカメラの提供お待ちしております

まとめ

結論を言うと、どれもそれぞれ味があって良い。

ほんとはこれで締めてしまいたいのですが、タイトルで【選び方・おすすめ】と言ってしまったのでそれについても書いておきます。

フィルムの選び方・おすすめ

  • 日中撮影はISO100~400がおすすめ
  • 屋内撮影はISO800以上がおすすめ
  • スナップが好きな人は富士フイルム
  • 風景や印象的なポートレートが撮りたい人はPORTRA

ISO感度に関しては、おそらくこれが一般的な意見かと思います。

富士フイルムとPORTRAの使い分けについては、完全に独断と偏見です。ですが、作例を見ていただければわかる通り、富士フイルムとPORTRAではまったく違う色の出方をします。

あとはシチュエーション、好みに合わせて使い分けていただければいいかと思います。

これがほんとのほんとの結論

結局のところ好み。

好きなフィルムを使って、存分にフィルムカメラを楽しみましょう!

フィルムの保管方法についてはこちらの記事をどうぞ。

コクヨ ネガアルバム 手順 写真のフィルム保管方法はどうしてる?『コクヨ ネガアルバム』で整理してみた【正しい保管方法・レビュー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です