『Kodak Pro Image100』はコダックの魅力が詰め込まれたコスパ抜群のネガフィルム【レビュー・作例】

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

今年の春はほとんど撮りに行けず、ストックしているネガフィルムの使用期限が気になってきたきた今日このごろ。

新しい写真が撮れないのなら、昔の写真を見直そう。時間があるのなら、ブログを書こう。

ということで、今回はKodak(コダック)のネガフィルム『Pro Image 100(プロイメージ100)』をレビューしていこうと思います。

『Kodak Pro Image 100』とは

どんなフィルム?

Kodak(コダック)から販売されているISO感度100のネガフィルムです。

海外メーカーだからなのかコダックのフィルムは不明な点が多く、これまでもレビューらしからぬ「真相は不明」を連発してきました。

ISO感度200の主流となるか?『ColorPlus200』は値段も色味も優しいフィルム

『Kodak GOLD200』は日常使いにピッタリの手頃なネガフィルム

そして今回ご紹介する『Pro Image 100』ですが、これまでのもの以上に情報が少なく、商品名と感度と値段と5本パックで売られていることぐらいしかわかりませんでした。

ですので、フィルムの紹介はこのぐらいにしておいて実際の写真を見ていただきたいと思います。

写りの特徴

他のコダックの低価格フィルム(GOLD200・ColorPlus200など)よりも色のメリハリが強く、しっかりとコントラストが出る印象です。

シチュエーションによってはイエローに色が転ぶこともありますが、このぐらいならば許容範囲ではないでしょうか。

滑らかでノイズ感も少なく、600円台で買えるフィルムとは思えないクオリティを見せてくれます。

『Kodak Pro Image 100』作例

ここからは、実際に『Pro Image 100』を使って撮影した作例を紹介していきます。

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

Pro Image100 作例

今回のまとめ

フィルム自体の情報も少なく、販売店もそれほど多くはない気がしますが、個人的にはとても好きなフィルムです。

少し黄色っぽく写ることもありますが、それがまたノスタルジックさを引き出してくれているのではないでしょうか。思い出をより思い出らしく仕上げてくれる、そんな味付けをしてくれるフィルムですね。

いろいろと落ち着いたらまたこのフィルムを持って撮りに行きたいと思います。

ネガフィルムまとめてみました

これまでに私が使ってきたネガフィルムをまとめてみました。各フィルム10枚程度の作例を掲載しています。

▷ おすすめのカラーネガフィルムまとめ!定番から変わり種まで一挙公開!【作例】