ネガフィルム『Kodak ULTRAMAX 400』の色味が斬新すぎる【レビュー・作例】

Kodak ULTRAMAX 400 アイキャッチ

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

このブログではこれまで、さまざまなフィルムをご紹介してきました。ネガフィルムだけでなく、ポジフィルムなども試してみたりと、それなりにたくさんのフィルムを触ってきたつもりです。そんな中、またすごいフィルムと出会ってしまいました。

そのフィルムというのが、今回ご紹介する『Kodak ULTRAMAX 400(コダック ウルトラマックス400)』です。

“すごい”と一口に言っても、良いとき悪いときどちらの場合にも使いますよね。先に結論を言ってしまうと、このフィルムは両方です。

ではそれがどういう意味なのか、作例も含めてしっかりレビューをしていきたいと思います。

『Kodak ULTRAMAX 400』とは

どんなフィルム?

Kodak(コダック)から発売されているネガフィルムです。Kodakのフィルムと言えば、PORTRA(ポートラ)シリーズが有名ですね。

PORTRAについての情報はたくさん出てくるのですが、ULTRAMAX 400に関しては調べてもほとんど情報がありませんでした。とりあえずAmazonなどでは普通に販売されているので、現在も生産されているはずです。あとは、生産がアメリカというぐらいしかわかりませんでした。

名前の通り、感度は400です。なんだかんだ個人的にはISO400が一番使いやすいと思います。日中だと多少絞らないといけない場面はありますが、夜でもその気になれば撮れます。

写りの特徴

なんと言っても気になるのはこの部分ですよね。

私が感じた写りの特徴としては、

  • 彩度、コントラストは高め
  • シャープな写り
  • 青の発色にかなり癖がある

といったところです。こうしてあげてみると、PORTRAの特徴にも近いのかもしれません。

フィルム写真と言えば、淡くて儚い写りをするイメージがあるかもしれませんが、ULTRAMAX 400はそのイメージとは正反対でした。言葉で説明してもわかりにくいかと思いますので、作例を見ていきたいと思います。

『Kodak ULTRAMAX 400』作例

まだ一本使っただけなので作例が少ないですが、雰囲気だけでも感じていただければと思います。

注意
現像所によっても仕上がりは違ってきますので、あくまでも参考までにご覧ください

裏天満提灯通り

裏天満の飲み屋

チョウチンドオリ

夜スナップをしてみました。さまざまな光源が混じった中でも綺麗な発色をしています。コントラストや彩度は高めですが、大袈裟すぎることなく自然に抑えられていると思います。

肉の看板

夜の滑り台

暗闇の葉っぱ

夜の線路

とまれマーク

カメラとレンズ(Nikon NewFM2 + Ai Nikkor 50mm f1.4S)の性能もあるかもしれませんが、ピント面はかなりシャープです。3枚目の葉っぱのカリカリ具合がすごい。

さて、ここまではこのフィルムも良いなと思っていたんですが、問題はここからです。

ではご覧ください。

グラウンドのフェンス

田んぼと工場

大きなため池

青い。圧倒的青さ。ただただ青い。

木々と池

草原の木

青すぎる空

酔いそうなぐらい青い。青すぎる。

カーブミラーと空

この一枚だけはイメージ通りの色が出ました。一体何の違いなんでしょうか。

花壇の花

花は鮮やかに綺麗な色が出ていますが、背景の空がやっぱり青すぎます。

花とブランコ

池のほとり

木の影

当然ですが、空を入れなかったら青くはなりませんでした。色味も落ち着いていていい感じです。

今回のまとめ

木陰のベンチ

このフィルム現像から返ってきたときには、写真も私も真っ青になりました。(全然上手く言えなかった)

現像はいつも通りおまかせで、「青強め」など特別なオーダーは何もしていません。つまりこれがULTRAMAX 400の特徴なのでしょうか。そうだとすると常用フィルムにはちょっとしづらいですね。

また現像所を変えたりしながら使ってみて、新しい発見などありましたらどんどん追記していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です