安かろう悪かろうなんて言わせない『FUJIFILM C200』レビュー【作例】

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

今回ご紹介するのは、ネガフィルム『FUJIFILM C200』です。

『FUJIFILM C200』とは

どんなフィルム?

富士フイルムから発売されている、ISO感度200のネガフィルムです。

実は、この感度がちょうど良い。

ISO100では曇りの日には心細い、ISO400だとピーカン時にはある程度絞らないといけない。

一日でフィルムを撮り切ってしまう人にはあまり関係ないかもしれませんが、長い期間をかけて少しずつ使う人にとっては様々なシチュエーションに対応できる、一番扱いやすい感度なのではないかなと思います。

ちなみに、国内では未発売のため、海外からの逆輸入商品のみとなります。とは言え、品質に不満も感じたことはありませんし、不具合品などにも当たったことはありません。

そして、なにより安い。コストを気にせず使えるのはなによりの魅力です。

写りの特徴

富士フイルムらしい素直な写りで、シチュエーションを選ばず安心して使うことができます。

色乗りもよく、あっさりというよりはどちらかと言うとこってりめなのかなと思います。

また、低感度フィルムにしてはややノイズが出やすい印象ですが、それも決してネガティブな意味ではなく、フィルムらしいレトロな雰囲気を楽しむことができます。

『FUJIFILM C200』作例

ここからは、実際に『FUJIFILM C200』を使って撮影した作例を紹介していきます。

タンクトップ兄さん

積み上げられた箱

シャッターと原付

築地市場

赤い箱

築地市場

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

C200 作例

さいごに

写真の感じ方は人それぞれですが、個人的にはとても好きなフィルムです。

理由としては、フィルムらしい写り、派手すぎない色乗りの良さなど好きなポイントは様々ありますが、その中でも一番の魅力はなんと言っても「値段の安さ」。

写真を撮ってお金を稼げるならいくらでも投資できるかもしれませんが、あくまでも趣味でやっているのでどうしてもコストは気になってしまうもの。

高いフィルムで一枚入魂もいいですが、シャッターチャンスを増やしたい、思い出をたくさん残したい人にとっては「業務用100」に引けを取らないぐらい最高のフィルムだと思います。

あなたの大切な瞬間を、C200で残しませんか。

ネガフィルムまとめてみました

これまでに私が使ってきたネガフィルムをまとめてみました。各フィルム10枚程度の作例を掲載しています。

▷ おすすめのカラーネガフィルムまとめ!定番から変わり種まで一挙公開!【作例】