フィルムカメラって楽しい!神戸街歩きで予想外の結末・・・

神戸の街並み

こんばんは、しゅん(@lbshun_camera)です。

先日、フィルムカメラを片手に神戸をさんぽしてきました。

慣れ親しんだ神戸の街、どんな写真が撮れたのでしょうか。

フィルムカメラで神戸街歩き

今回使用したカメラは、「PENTAX SP」というフィルムカメラ。

発売はなんと1964年。1964年といえば、東京オリンピック開催、東京 – 大阪間の新幹線開通など、もはや歴史の教科書レベルです。

そんな大先輩カメラと一緒に神戸街歩き、いざ開始!頼りにしてます!先輩!

フィルムスナップ

さっそく神戸関係ない。むしろ撮った記憶すらない。

フィルムスナップ

鮮やかな発色ですね~でもピント外れてますね~。

フィルムスナップ

フィルムはやっぱりレトロな街並みによく合います。

ピント外したり、知らない写真が写っていたり素人感満載ですが、実はこの日がフィルムカメラデビュー日だったのです。

今まで自分がデジタルに甘えすぎていたことがよくわかります。反省。現像するまでどんな写真が撮れてるのかわからないなんて不安すぎる。

では、続きをどうぞ!

神戸の街並み

神戸の街並み

青空と神戸のビル

相変わらず神戸らしさをまったく感じられない写真が続いています。

大変お待たせしました。

随分もったいぶりましたが、いよいよ神戸が誇る観光地のひとつ「神戸異人館」に到着です!

 

「お!かっこいい!洋館をフィルムで撮るとかイケてる~!」

 

パシャリ。

 

「・・・あれ?」

 

「・・・?」

 

「・・・?!!」

 

カメラ壊れた。

 

シャッターを切るとミラーが下りなくなったため、一度裏蓋を開けないと撮影ができなくなるという症状。つまりシャッター切る度にフィルムを取り出さないといけないので、コスパ悪すぎます。

フィルムカメラデビュー記念日は、不完全燃焼という結果となりました。

あとからカメラ屋さんで聞いてみると、

「PENTAX SPはそんなもんや!諦めて状態いいの探し!」

厳しいお言葉をいただきました。大先輩も年齢には勝てなかったようです。

最後に撮れていた写真がコチラ。

フィルムカメラの壊れたもの

諦める決心がつきました。

今回使用したフィルムはコチラ。

他のフィルムの作例はこちらの記事でも紹介しています。

SUPERIA作例
作例を使ってネガフィルムを比較してみた【選び方・おすすめ】(SUPERIA400・PORTRA400・PORTRA800)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です