【2018年】「高槻こいのぼりフェスタ1000」はゴールデンウィークのおでかけにもおすすめ【概要・アクセス】

高槻こいのぼりフェスタ1000

こんにちは、しゅん(@lbshun_camera)です。

5月5日はこどもの日。こどもの日に欠かせないもの、それは空を泳ぐこいのぼり。

ゴールデンウィークの真っ只中、大阪府高槻市で開催されている「高槻こいのぼりフェスタ1000」に行ってきましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

高槻こいのぼりフェスタとは

高槻こいのぼりフェスタ1000

4月末~5月初旬にかけて、大阪府高槻市にある芥川桜堤公園に約1000匹のこいのぼりが掲揚されます。平成4年に第一回が行われ、今年で27回目を迎える人気のイベントです。高槻と言えば「こいのぼりフェスタ」というぐらいまで定着をしてきています。

2018年は、4月23日~5月5日までこいのぼりが掲揚されています。4月29日(昭和の日)には、露店も出店され、ブラスバンドの演奏やダンスパフォーマンスなどが行われるため、特に多くの人でにぎわうことが予想されます。

イベントで掲揚されているこいのぼりは、市民から寄贈されたもの、市内の幼稚園児が作ったものなど、地元の協力によって成り立っています。全国から人が集まってきますが、あくまでも地域密着なのが素敵です。

高槻こいのぼりフェスタへのアクセス

専用駐車場はありませんので、車で行くのは避けた方がいいと思います。近くにコインパーキングはありますが、イベントの開催時期はすぐ満車になってしまうようです。基本は電車、もしくは市営バスで行くことをおすすめします。

  • 電車:JR高槻駅から徒歩20分
  • 市営バス:「清福寺バス停」から徒歩6分

駅から少し距離はありますが、道中の商店街にコンビニや百均があるので、そこでお弁当やレジャー用品を買うのもおすすめです。

会場の雰囲気を写真で紹介

高槻こいのぼりフェスタ1000

1000匹のこいのぼりが泳ぐ姿は圧巻です。この日は幸運なことで強風が吹いていたため、綺麗に泳いでくれました。

高槻こいのぼりフェスタ1000

地面に写るこいのぼりのシルエット。これもまた良い。

高槻こいのぼりフェスタ1000

近くで見てみると、「〇〇保育園」や「〇〇組」などと書かれています。色や大きさもさまざまですので、一つ一つに注目してみるのも楽しそうです。

高槻こいのぼりフェスタ1000

ゴールデンウィークということもあり、親子連れが大半です。

高槻こいのぼりフェスタ1000

高槻こいのぼりフェスタ1000

高槻こいのぼりフェスタ1000

カメラ女子とこいのぼりも相性抜群。

高槻こいのぼりフェスタ1000

フィルムカメラ男子とこいのぼりの相性も抜群です。

高槻こいのぼりフェスタ1000

青空とこいのぼり、これ以上ない組み合わせ。

まとめ

高槻こいのぼりフェスタ1000

今回はじめて参加しましたが、天候にも恵まれて見事な光景を見ることができました。

規模も大きすぎず、かといって人口密度が高いわけでもなく、ちょうど良い規模感。目の前を流れる川も、大人の足首ぐらいまでの浅瀬で流れも穏やかですので、小さなお子様でも安心して遊ばせることができます。

子供たちの笑い声を聞きながら、のんびりと過ごすことができました。

レジャーシートを敷いてビールを片手にお弁当を食べる、そんな最高の休日を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

撮影に使用した機材

カメラボディはSONY α7RⅡです。レンズは「EF24-105mm F4L IS USM」を使用しました。広角から望遠までこれ一本で撮れてしまう便利ズームレンズです。

EF24-105 F4L IS USM
初めてのLレンズにもおすすめ『EF24-105mm F4L IS USM』【新型との違い・作例多数】【Canonレンズレビュー】
MC-11とEF24-105mmF4L
Canon用レンズをSONY機で使ってみた『SIGMAマウントコンバーター MC-11』レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です