フィルムカメラを片手に、東京のフォトスポット巡り【有楽町・銀座・築地】

PHOTOWALK TOKYO アイキャッチ

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

9月に入り、ずいぶんと気温も落ち着いて過ごしやすくなりましたね。フォトウォーカーにとってはベストシーズンです。

ということでさっそく、9月中旬に東京にてフォトウォークをしてきました。

参加メンバーはこちらの方々。

東京、名古屋などにお住まいのブロガーさんたち。大御所ばかりで恐れ多い。

しかしそんな不安はどこへやら。カメラという同じ趣味を持つものたち、楽しくない訳がありません。さっきまで一緒に話していたかと思いきや、突然姿をくらまして撮影をはじめる、そんな自由なフォトウォークの様子をフィルム3本分撮ってきました。

ではたっぷりの写真で振り返っていきます。

フォトウォークの前に

気合を入れて兵庫県から始発列車でやってきました。ちょっと早く着きすぎたので、一人で撮り歩き。

東京駅とタクシー

これがあの東京駅か~。タクシーかっこいい。

KITTEの天井

KITTEの天井。オシャレすぎてもうなにがなんだか。

飲み屋の誘い文句

警察の自転車

そこら中に被写体が転がっている。これぞ大都会、TOKYO。

カリスマ美容師あめちゃん

Twitterなどでいつも仲良くしていただいている、「髪を切って、写真を撮る人」あめちゃんさんにも会えました。

有楽町

さて、いよいよフォトウォーク開始です。我々がまず向かったのは、有楽町エリア。

東京国際フォーラム

東京国際フォーラムの天井

東京国際フォーラム。気付けばまた天井撮ってた。

東京フォトウォーク参加者

左:たくちゃそ 右:トバログ

ぴんぼけ看板

あえてピント外したけど、これはピント合わせて撮るべきだったかも。

都会の青空

都会らしい一枚。快晴のフォトウォークは気持ちいい。

銀座の交差点

ノールック撮影。普段しない斜め構図になったりするのも面白い。

銀座

有楽町から写真を撮り歩きながら、銀座までやってきました。

東京きました

顔写真のパネル

道端にこんなのあるなんて、やっぱり東京すごい。

平岡氏ポトレ

この日は平岡さんのポトレ撮り放題という、出血大サービス付きでした。

東京フォトウォーク参加者

左:トバログ 右:タクミさん

銀座ほこてん

銀座ほこてん

銀座のほこてん。関西にもほしい。

銀座ほこてんの美女

ストリートパフォーマー

イケてる街だ。

GINZA SIX

銀座モダンテラス

GINZA SIXにある「銀座モダンテラス」にて休憩。

Leica M10

Leica M10。強い。

CONTAX RX

CONTAX RX。強い。

カラフルな車

カラフル

東京のタクシーはカラフルで可愛い。

SAPPORO

ビールを買えてご満悦のクリハラさん。まじイケメン。

築地

築地です。朝の活気ある光景ではなく、日中の静まり返った築地です。

築地市場

築地市場

写真が少ないですが、築地ではモノクロフィルムを入れたTRIP35をメインで使いました。それについてはまた後日、FILM BREAKなどでご紹介しようと思います。

赤い箱

積み上げられた箱

カラフルなものだけカラーで撮りました。

築地市場

夕日を浴びるトバログ

リフレクション狙いたけし

LeicaM3

Leicaユーザー多すぎてLeicaが身近に感じてしまう。なんて危険なフォトウォーク。

勝どき橋

築地から歩いて勝どきまでやってきました。ビルが高い。

バスの夕日リフレクション

私の予定ではもっと綺麗に夕日がリフレクションするはずだった。

タンクトップ兄さん

クール。SO COOLです。

そして日も落ち、我々は夜の街へ消えていきました。

その後の飲み会も最高でしたが、案の定写真は撮り忘れていました。フォトウォークしていても打ち上げの写真は撮らないんですよね。不思議。

今回のまとめ

ヨドバシ新宿

今回のフォトウォークでは3名の方とは初めましてでしたが、そんなことまったく感じないぐらいのホーム感満載でした。私のような人見知りには、フォトウォークは距離を縮めるにも最高のイベントです。

また、東京でのフォトウォークも初参加でしたが、人も街も被写体力が高かったです。撮るものに困らないとはまさにこのこと。むしろフィルムだとコストを心配してしまうほど、撮りたいものに溢れていました。

次回は、11月24日開催の「たけさんぽ東京」でまた大都会TOKYOに乗り込みます。今回のフォトウォークでさらに楽しみになりました。そちらに参加される方々、よろしくお願いします!

使用したカメラ・フィルム

今回使用したカメラは、Nikon NewFM2です。多重露光ができたり、シャッタースピードが1/4000秒までいけたりと、とても心強いカメラです。

フィルムは、PORTA160、ColorPlus200、C200の順に使用しました。どんなフィルムかは、今後それぞれのレビュー記事を書く予定です。

FUJIFILM C200は逆輸入品です。国内では正規販売されていないので、英文パッケージのみになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です