#たけさんぽ福岡 は写真あり、キャッチボールあり、何でもありのフォトウォークだった

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

友人でありブログの師匠でもある、たけしさんが主催するフォトウォークイベント「たけさんぽ福岡」に参加してきました。

「たけさんぽ」と言えば、これまで大阪、広島、東京と回を重ね、なんと今回で4回目。

初の九州開催ということで、常連組だけでなく初めて参加される方もたくさんいました。写真好きが50名以上も集まると聞くだけでわくわくします。

今回はそのイベントの様子を写真たっぷりで振り返っていきたいと思います。

一緒に歩いた2班のメンバー

さすがに福岡の街を50人でぞろぞろ歩くわけにはいきませんので、今回も事前に班分けが行われました。

私は2班のリーダーをさせてもらいましたが、「名ばかりリーダー選手権」があれば優勝間違いなしです。何一つ仕事はせず、ただただ楽しませてもらいました。

では、そんな頼りないリーダーをフォローしてくれた最高のメンバーをご紹介しますね。

実質リーダーのものさん、イケメンを極めたタイラさん、大先輩ブロガーてんび~くん、透明感抜群のmatsuさん、私の5人班です。

全員顔出しオッケーということで、みんなで写真を撮り合いっこしたり、終始わいわいしていました。

きっとどの班よりも青春していたに違いない。他の班も同じこと言ってそうですが。

たけさんぽ福岡2班はこんなプランでした

博多駅に集合

たけさんぽ福岡

全国から参加者が続々と集まってきました。きっと博多駅に来るたびにこの景色を思い出すんだろうな。

だめだ、もうエモい気持ちになってる。最後まで無事に書ききれる気がしません。

全員揃った班から順次出発するのですが、送り出されるときにみんなから「いってらっしゃい~!」って言われるのがすごく良かったなぁ。これから旅に出るワクワク感というのでしょうか。こんな感覚を大人になってから味わえるなんて思ってもみなかったです。

だめだ、エモみが溢れちゃう。

シーサイドももち海浜公園

最初の目的地は大濠公園、の予定でしたがあまりの暑さのためプラン変更。

涼を求めて「シーサイドももち海浜公園」にやってきました。2班は全員フィルムカメラユーザーだったのですが、フィルムだとやっぱり海や自然が多い場所に行きたくなりますね。

シーサイドももち海浜公園

飛んでいく風船

近くに結婚式場もあり、カラフルな風船が飛んでいました。

海辺を歩く女性

波打ち際の女性

カメラ女子と海

迷うことなく裸足になり、砂浜を歩いていくmatsuさん。透明感が半端じゃない。

靴下とビーチ

一方、絶対靴下脱がないマン、タイラさん。逆にワイルドでかっこいい。

砂浜ポトレ

カメラ女子と海

eos kiss

海とカメラ女子って最高じゃないですか。

威嚇

女の子ばっかり撮ってたら威嚇された。なにこの笑顔、こわい、ごめんなさい。

ウインク

福岡タワーと僕

この日は最高気温30℃などと言われるぐらいの酷暑でしたが、なぜかこの爽やかさ。

キャッチボール

キャッチボール

海といえばキャッチボールですね。フォトウォークってハードだなぁ。

脱げない靴下

やっぱり靴下は脱がないんですね。このぐらいこだわりのある男に私もなりたい。

顔入れパネル

ものさんの全力っぷりには脱帽です。

撮影風景

なんともシュールで最高。もはや私たち、どこに行ってもなにをしてても楽しめる気がしてきました。

シーサイドももち全体

最初はビーチでさくっと撮影してすぐに移動するつもりでしたが、結局ここで1時間ほど遊んでしまいました。

でもいいんです、フォトウォークは予定なんてあってないようなものです。やりたいと思ったことをやりたいだけやるのが、フォトウォークを楽しむコツです。

福岡タワー

福岡タワー

続いてやってきたのが、シーサイドももち海浜公園のすぐ隣にある「福岡タワー」

集合写真

福岡タワーのリフレクションを使って集合写真。タイラさんの背が高すぎて、他の人が小さく見えてしまうというトリックアートですね。

福岡タワーエレベーターガール

展望階の入場料は800円。チケットを購入してゲートをくぐります。

福岡タワー

福岡タワー

エレベーターホールからすでにオシャレ。

福岡タワー

ぐんぐん昇ります。外の景色が見えるのが嬉しい。

福岡タワー123m

展望階、123m地点に到着です。

ちなみにこれは余談ですが、私の誕生日は1月23日です。ありがとうございます。

福岡タワーからの景色

福岡タワーからの景色

福岡タワーからの景色

いやーここまで登ってきた甲斐がありましたね。

しかし私が魅了されたのはこの景色よりも、大きな窓から入ってくる光です。

福岡タワー展望階

福岡タワーシルエット

すごく良い。とても良い。

福岡タワーシルエット  福岡タワーシルエット

360度移動可能の展望エリアのおかげで、好みの光を探しながら撮影することができるのも最高でした。

福岡タワーVR

大先輩

あまりの絶景にてんび~くんもこの表情です。

ナチュラ

そこまで期待してなかったと言ったら怒られますが、正直予想していた何倍も良かったです。今度は夕日や夜景を狙って行ってみたいと思います。

福岡タワー

タワーマンション

都会に立つ男性

少しゆっくり楽しみすぎました。急いでバス停に向かいます。

撮影会

逆光ポトレ

夕方の光が綺麗すぎてもう少し撮っていたかったですが、打ち上げに遅れるわけにもいきません。時間の経過の早さをこんなに恨んだのは久しぶりです。

打ち上げが最高なんです

打ち上げ

フォトウォークのあとは、散り散りになっていたすべての班が再び集まり、待ちに待った打ち上げです。今日行った場所や撮った写真のことから他愛もない話まで、それぞれみんな話に花を咲かせていました。

フォトウォークイベントに参加する度に思いますが、年齢性別、出身地、カメラ歴、そんなことはまったく関係なくみんな仲良くなれてしまうのは本当にすごいことだなと思います。

あまりの楽しさでまたテンションが上がってしまい相当うるさかったと思いますが、嫌な顔ひとつせずにお話してくださったみなさん、ありがとうございました。

次回たけさんぽまでには大人になりたいと思います。(思ってない)

さいごに

たけさんぽロスがやばい。次回開催の発表まだかなぁ。

使用した機材

今回の記事の写真はすべて、SONY α7IIIとTAMRONのズームレンズ「TAMRON 28-75mm F2.8」の組み合わせで撮りました。

やはり旅行はこの組み合わせが万能で使いやすいですね。

▷ 【レビュー】『TAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXD』はSONYユーザーは買うべき必須のレンズ

あと、フィルムカメラも使用しましたが、その写真はまた別記事にてご紹介しようかと思います。

前回のたけさんぽ東京はこんな感じ

たけさんぽ東京 アイキャッチ #たけさんぽ東京 に行ってきた!9班はピクニックなどまったり過ごすフォトウォーク。

東京に行っても公園で遊んでいたりと、どこに行ってもやってることはあんまり変わってないですね。

たけさんぽは写真を撮ることよりも、人と話したり純粋に遊ぶことがメインなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です