和歌山県のラピュタ島「友ヶ島」をオールドレンズ一本で撮影してきた【Super Takumar 55mm F1.8 作例】

こんにちは、しゅん(@shunsanpo)です。

夏真っ盛りの7月下旬、紀淡海峡に浮かぶ無人島「友ヶ島(ともがしま)」へ行ってきました。

「友ヶ島(ともがしま)」とは

第3砲台跡

「友ヶ島」とは、和歌山県和歌山市に属している無人島です。

第二次世界大戦まで要塞施設として利用されていた過去があり、砲台跡など当時の雰囲気を垣間見ることができます。現在では廃墟となっていますが、その神秘的な光景がまるでラピュタの世界のようだと話題を呼び、今では多くの観光客でにぎわっています。

私たちが訪れた日も、ツアー団体客だけで船が一隻いっぱいになるほどでした。

「友ヶ島」へのアクセス・運賃など

友ヶ島へは加太港からしか行けない


友ヶ島へ行くには、加太港から出ている友ヶ島汽船に乗船します。

兵庫県淡路島からも距離的には非常に近いのですが、残念ながら淡路島からは船が出ていません。兵庫県民も諦めて和歌山県まで行きましょう(ツライ)。

船の本数、乗船定員は少ないので要注意

友ヶ島汽船

船の本数は、多い時期でも一日6便ほど。人気観光地とは思えない少なさです。

さらに1船につき定員100名となっています。出港時刻ぎりぎりに着くと、次の便に回される可能性もありますので、できるだけ早めに乗り場に行かれることをオススメします。

運航時刻・当日乗船整理券について

料金、所要時間について

友ヶ島乗船券

往復運賃は大人2,000円、小人1,000円です。この乗船券は帰りに回収となりますので、なくさないように大事にしまっておいてください。

旅客運賃・荷物運賃表

所要時間は約20分ほどですが、それなりに揺れます。酔いやすい方は酔い止めがあった方が安心かと思います。

テンションを上げると酔わないと聞いたので、私は全力でテンションを上げて乗り切りました。

「友ヶ島」をオールドレンズで撮る

前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

今回は、すべての写真をオールドレンズ一本で撮影してきました。使用したレンズは、オールドレンズの定番『Super Takumr 55mm F1.8』です。

以下の記事でも紹介しましたが、レトロな味わいの写真を撮れるのが魅力です。

1万円以内のオールドレンズ オールドレンズ初心者におすすめ!1万円以内で買えるオールドレンズ3選【レビュー・作例多数】

では、オールドレンズで撮ってきた写真をたっぷり使って、友ヶ島を振り返っていきます。

南海電車で加太駅へ

めでたいでんしゃ

加太駅行きの電車が可愛い。これはピンクバージョン。

めでたいでんしゃ 車内

実際に乗ったのはブルーバージョン。つり革が皮じゃない。木のぬくもりが素敵です。

めでたいでんしゃ 車内

めでたいでんしゃ 車内

窓から一瞬ですが、海が見えました。もう最高。

加太駅~加太港までフォトウォーク

加太駅付近

加太駅付近

加太駅から加太港の道中

オールドレンズ特有のノスタルジック具合がたまりません。

オールドレンズでは、現行レンズよりもコントラストが低くなりやすいため、撮影の段階でコントラストとシャープネスを少し上げています。

加太駅付近

加太駅から加太港の道中

加太駅から加太港の道中

古き良き街並みとオールドレンズは相性ばっちり。

加太でポートレート

可愛い。100点満点。

加太港

周辺減光(四隅が暗くなる現象)もいい味を出してくれます。

友ヶ島到着。ここから冒険がはじまる

友ヶ島で記念写真

友ヶ島到着。THE・記念写真。

怖いカメラマンたち

行儀よく一列に並んでる。カメラマンこわい。

友ヶ島で叫ぶ

オールドレンズ特有のフレア

ベンチと木漏れ日

汗さえも美しい。だって夏だもの。

友ヶ島と写ルンです

写ルンです専用の限定ハードカバー。2色発売されていますが、もちろん両方買いました。

野奈浦桟橋

さすが無人島。海の透明度がすごい。

海を離れて、いざ島の中心部へ

木々のトンネル

ここからはハイキングです。砲台跡などの名所は高台にあるので、長い坂道を登っていく必要があります。先程までのマリンリゾート感とは打って変わって、これが結構ハードです。

ちなみに、山に入ると飲み物は売っていないので、桟橋にある自動販売機で多めに買ってから行きましょう。

立ち入り禁止

危険な場所もあるようです。

階段

鬱蒼と茂る草木

Super Takurのフレア

大きな石が転がっていたりと、足場はあまりよくありません。ヒールなどは厳禁です。

山ボーイ

山ガール

友ヶ島ポートレート

少し歩いては写真を撮るので、まったく進みません。(最高に楽しい)

ラピュタの世界、第3砲台跡に到着

第3砲台跡

旅行雑誌でよく見る場所。木漏れ日がまた良きです。

第3砲台跡でポートレート

第3砲台跡

第3砲台跡でポートレート

第3砲台跡

第3砲台跡でポートレート

あんまりラピュタに詳しくないですが、バルスな感じはしました。

第3砲台跡でポートレート

第3砲台跡でポートレート

ポートレート撮影には、友ヶ島はこれ以上ないスポットだと思います。

透明な海、生い茂る緑、光と影のコントラスト、欲しいものは大体そろっています。(あとはカメラの腕がほしい)

タカノス山展望台でチルる

タカノス山展望台

タカノス山展望台(標高119m)に到着です。見晴らしもよく、ベンチもたくさんあるので、ここで一時間ほどのんびり過ごしました。

タカノス山展望台で休憩

タカノス山展望台からの景色

友ヶ島、最高かよ。

友ヶ島

帰りたくない・・・

友ヶ島

帰りたくない・・・!!

友ヶ島汽船

帰りたくないよぉぉぉぉぉーう!!!

夕方の加太港でポートレート撮影

オールドレンズは、夕方以降にこそ本領を発揮します。とにかく太陽を入れ込んでフレアを出してこそオールドレンズです。(個人的見解)

加太港でポートレート

無事に加太港へ戻ってきた記念に「はい、ちーず!」

加太港で猫ポートレート

ポートレートを撮る人を撮る

ポートレートを撮る人を撮る。

加太港

加太港

昭和レトロな街並み+夕暮れ+オールドレンズ=優勝

加太港でポートレート

虹色フレアがいい具合に入りました。表情もノスタルジー。

加太港でポートレート

柔らかい光がとても良い。表情もソフトリー。

加太港でポートレート

加太港でポートレート

この日は特にいい光でした。夕暮れ時は絶好のシャッターチャンス。

加太の空

加太港でポートレート

夕方に順光で撮るとこんな感じ。これはこれで夏らしさが出ていて好きです。

今回のまとめ

友ヶ島でポートレート

友ヶ島、最高でした。

ひと夏分ぐらい楽しんだ気がします。写真もいつも以上に撮りました。

オールドレンズを使うのは数か月ぶりだったのですが、これがまた良かったです。描写が甘くなることや、現像がしにくいなどの理由で、最近は使っていませんでした。

しかし今回使ってみて、改めてオールドレンズの魅力を思い出しました。決してカリカリに解像する訳でもなく、発色が優秀という訳でもありませんが、記憶に残る写真を撮ることができました。

思い出をさらに美しく撮ってくれるオールドレンズを持って、ぜひ旅行に出かけてみては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です