【FILM BREAK vol.5】フィルムで振り返る2018年8月 ~平成最後の夏 終焉~

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

フィルムで振り返る月刊記事「FILM BREAK」(ふぃるむぶれいく)。

撮影したフィルム写真を、未公開のものも含めて毎月一回まとめて公開している月刊記事です。詳しい説明は、FILM BREAK vol.1で紹介しています。

FILM BREAK vo.1 【FILM BREAK vol.1】フィルムで振り返る2018年4月 ~月刊記事をゆるゆると始めてみた~

時間が過ぎるのは早いもので、あっという間に8月も過ぎ去っていきました。2018年夏、いわゆる「平成最後の夏」が終わってしまいました。

先月号「FILM BREAK ~平成最後の夏 幕開け~」に引き続き、今回は「FILM BREAK ~平成最後の夏 終焉~」と題してこの8月を振り返ってみようと思います。

タイトルは特別感出てるけど、いつものFILM BREAKだよ

夏はやっぱり海でしょ

サーフボード

夏といえばサーフィンですね。波を求めて徳島県の小松海岸へ行ってきました。かっこつけてますが、ド素人です。

大きな入道雲

サーフボードを抱える人

穏やかな海

海辺にカメラを持っていくのは怖いですが、写ルンですなら安心。フィルム市場がどんどん縮小されていますが、写ルンですだけはずっと残り続けてほしい。

海の家と入道雲

海の家の小道

ビーチのサーフボード

この日も尋常じゃないほどの暑さでしたが、写真で見るとなんだか涼しげです。海の家も干されたサーフボードも、過ぎ去った夏の感じ出てて好き。

穏やかな波に乗る

波乗りする男

飛び跳ねる水しぶき

美しい水しぶき。フィルムさえ濡れなければカメラは濡れてもお構いなしです。写ルンです大好き。

夏はやっぱりフェスでしょ

琴平観光センター

会場に向かうシャトルバスからすでにテンション上がってたようです。バス停の写真が5枚ありました。

MONSTER baSH 2018 ゲート

モンバスの旗

モンバスのパラソルエリア

やってきたのは香川県で開催された「MONSTER baSH 2018」。

モンバスお店エリア

モンバスフラッグ

sumikaもクリープハイプもあいみょんも、BiSHもTHE BACK HORNも全部最高でした。この記事を書いてる今もまだ余韻が残ってるぐらいです。

好きなアーティストもそうでなかったアーティストも、ライブを見たら大体は好きになってしまいます。最近年を取ったせいか、気付けばすぐ涙が出てくるのが悩み。

夏はやっぱり帰省でしょ

夏休みの行事のひとつと言えば、帰省ですね。久しぶりに親に顔を見せたり、増えた家族を連れて帰省された方もいらっしゃるのではないでしょうか。私は実家暮らしです。

姫路城

姫路市立美術館

大手前公園周辺

クロギさん(@taroimo0629 )と西嶋さん(@andkakogawa )と姫路周辺をフォトウォークをしたり。

公園で遊ぶ親子

ハート型の雲

夕焼けと池リフレクション

家の近所をふらふらと撮り歩いたり。

昔は都会をうらやましくも思っていましたが、なんだかんだ地元愛が芽生えてくるものですね。この町の重鎮目指します。

夏はやっぱりフォトウォークでしょ

正しくは、“夏も”ですね。年中フォトウォークやってます。

平岡さんとたけしさん

お盆には、平岡さん(@yuta_black )とたけしさん(@_takesanpo )とフィルムカメラ縛りのフォトウォークをしてきました。

独特の撮影スタイル

独特の撮影スタイル2

独特の撮影スタイルですが、こうしてあの素晴らしい写真たちは生まれています。勉強になります。

この日の模様は、以下の記事にてまとめています。

film photowalk osaka 大阪でフィルムフォトウォークしてきました【Kodak PORTRA800・Pro Image100(作例)】

現像が間に合わず記事には掲載していませんでしたが、夜のスナップも撮りました。

裏天満の飲み屋

チョウチンドオリ

自転車のハンドル

これだけフォトウォークに参加しておきながら、いまだにスナップの撮り方がわかりません。上手い人の写真もっと見よう。

まとめ

2018年8月 フィルム使用数

  • 写ルンです 2台
  • フィルム 4本

一ヶ月の使用数レポートは、使いすぎないように自分への戒めも含めて書き始めましたが、そんな目的すっかり忘れていました。

使用数が多いことが良いとも悪いとも思いませんが、自由に撮影できる環境、撮りたいものがある環境は幸せなことだなと改めて感じます。特にこの夏は、一人で撮影に行くことはほとんどなく、あまりカメラメインになりすぎなかったことが個人的には印象的でした。

もちろんフォトウォークは、写真を撮ることも目的ではあります。しかしどちらかと言えば、友達と過ごした楽しい思い出を記録する目的で撮影していました。どんな絶景を撮るよりも、最高に楽しいカメラの使い方をできた夏でした。

「平成最後の夏」ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です