【FILM BREAK vol.7】フィルムで振り返る2018年10月 ~月刊終了のお知らせ~

FILM BREAK vol7

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

フィルムで振り返る月刊記事「FILM BREAK」(ふぃるむぶれいく)。

撮影したフィルム写真を、未公開のものも含めて毎月一回まとめて公開している月刊記事です。

今さらではありますが、10月を振り返っていきたいと思います。

「月刊FILM BREAK」終了のお知らせ

2018年4月からはじめた「FILM BREAK」ですが、月刊記事としては今回が最後にしようと思っています。

理由はとてもシンプルで、ほとんどのフィルム写真がすでに公開済みだから。

最近ではフィルムに関する記事を比較的よく書いているため、未公開写真がほとんどなく、わざわざ月刊をする理由がなくなってきていました。

ですので、これからは季刊誌、もしくは気が向いたときに書いていこうと思います。

2018年10月をフィルム写真で振り返る

では改めて、2018年10月をフィルム写真で振り返っていきたいと思います。

美女を撮ってきました

こちらの記事でも紹介していますが、美女を撮影してきました。

Kodak Ektar100 アイキャッチ 『Kodak Ektar100』レビュー。発色の良さと世界最高の粒状性が特徴のネガフィルム【作例あり】

はじめて「Ektar100」を使ってみましたが、想像以上に発色は良かったです。値段的になかなか常用はできませんが、ここ一番で使っていきたいフィルムです。

Kodak Ektar100作例

Kodak Ektar100作例

Kodak Ektar100作例

真正面に太陽を入れた厳しいシチュエーションでも、これだけの発色の良さ。さすがです。

笑顔の少女

花と少女

すすきに埋もれる少女

少女の口元

このあたりは未公開写真です。最後ぐらい「FILM BREAK」のコンセプトに沿ってみます。

北野異人館へ行ってきました

神戸にある北野異人館に行ってきました。ほとんど「X100F」で撮っていましたが、フィルムでも数枚撮りました。

北野異人館スタバ

風見鶏の館

異人館の建物

使ったフィルムは、青すぎる問題が巻き起こった「Kodak ULTRAMAX400」です。

Kodak ULTRAMAX 400 アイキャッチ ネガフィルム『Kodak ULTRAMAX 400』の色味が斬新すぎる【レビュー・作例】

こっそり作例を追加したりしました。

現像所を変えて、青くなる問題をお伝えしましたが、それでもやはり特徴的な色味な気がします。

異人館の道

木とビル

このあたりの写真はお気に入り。水色のような青がまた良い味出てます。

夕日の佐川

夕日はいつだって最高の被写体。

まとめ

2018年10月 フィルム使用数

  • フィルム 2本

10月は仕事が忙しく、あまり撮影に行けませんでした。

その反動というわけではありませんが、11月はフォトウォークだらけです。使ってみたいフィルムもたまっているので、どんどん撮っていきます。

ということで、最後の「FILM BREAK」はこれで終了です。ありがとうございました。

ブログやめるんじゃないからね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です