【作例】『TAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXD』で撮るポートレート(京都 美山かやぶきの里)

こんにちは、しゅんさんぽ(@shunsanpo)です。

2月に入り、寒さも厳しくなってきました。どうせ寒い思いをするのなら、雪の写真が撮りたくなりますよね。

ということで、京都府にある「美山 かやぶきの里」へ友人と行ってきました。

場所についてはこちらの記事にて詳しくご紹介しています。冬季期間限定で「雪灯廊」というイベントもやっており、冬の打ち上げ花火も見ることができます。

▷ 美山かやぶきの里「雪灯廊」に行ってきた。ライトアップ、冬の夜空の花火が美しい【京都】

今回の記事では、そこでポートレート撮影っぽいことをしてきましたので、カメラとレンズの作例としてご紹介していきたいと思います。

使用した機材

カメラ本体は『SONY α7RII』です。ちょうど1年間使用してみましたので、先日レビューも書きました。

『SONY α7RII』を約1年間使い込んで感じたこと【レビュー・作例多数】

レンズは『TAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXD』を使用しました。レビューにも書いていますが、自信をもっておすすめできる一本です。

【レビュー】『TAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXD』はSONYユーザーは買うべき。フルサイズEマウントの必須レンズ。

ポートレート撮影といえば、よく使われるのが中望遠レンズ(85mm~135mm付近)です。今回は標準ズームレンズ一本でどこまで撮れるのか試してきました。

ポートレート【作例】

ではさっそく作例をご紹介していきます。

橋に立つ女性

遠くの山を見る

雪の上で転がる女性

やはりポートレート、後から見返してみるとテレ端(75mm)ばかりで撮っていました。しかしこの75mmという距離は会話をしながら撮影するにはちょうど良いですね。

Holidays in the Sun風

木にもたれかかる女性

鋭い視線

今回は開放(F2.8)はあまり使わず、F3.2~F6.3あたりをよく使いました。それでもボケ量は十分で、ピント面の描写は高画素機『α7RII』と相まって凄まじいものを感じました。

木に腰掛ける女性

はにかむ女性

微笑む女性

雪はとても明るく白飛びしやすいので、露出補正をマイナス(暗く)にして、保存形式をRAWで撮っておくことをおすすめします。『α7RII』はダイナミックレンジの広さにも定評があり、こんな厳しいシチュエーションでも安心感があります。

橋に立つ女性

木に立つ女性

階段から見下ろす

同じような写真が続いてしまったときは、縦構図で少し目線を変えてみると良い。ってどこかで聞いた気がします。

笑顔で振り返る

緑の前で見下ろす

からあげを持つ女性

場所やシチュエーションを変えてどんどん撮っていきます。休憩も忘れずに。

アンニュイな表情

知井八幡神社

知井八幡神社前

知井八幡神社を参拝

広角側(28mm)を使えば、建物や風景と一緒に人物を撮ることもできます。ズームレンズの万能さを改めて実感。

美山 かやぶきの里

髪をかき上げる

逆光で撮影すると髪が輝きふわっとした雰囲気になるため、女性ポートレートを撮る時は積極的に狙っています。

石垣の前で座る

遠くを見つめる

石垣の前でしゃがむ

この日は撮影したい場所を一日中二人で探していたのですが、鳥居と雪の残る屋根、石垣に差し込む木漏れ日など、どんな場所でもその気になれば撮影できるもんですね。

なんて、ここまで偉そうにいろいろと言ってきましたが、今回の記事はほぼモデル力のおかげです。

雪に寝そべる女性

こんなに体当たりで臨んでくれるなんてモデルさんすごい。いつもありがとうございます。

次はこの記事

昨年の夏にも、このレンズを使用したポートレート作例を書いています。こちらは夜間の撮影でしたので、また雰囲気が違って見えるかと思います。

▷ 【作例】『TAMRON 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXD』で撮るポートレート(みなとこうべ海上花火大会)